長らくUSキーボードのコマンドキーをKarabinerを使って英数・かなキーにして使ってましたが
Sieraへの未対応ということで、対応策として「⌘英かな」を利用していました。
ただKarabinerでは「ParallelsのWindowsでUSキーボードを使う」を参考に設定していたのですが、残念なこと「⌘英かな」はParallels Desktopでの環境には対応していないようで、次期Karabinerの登場を待ち焦がれる日々でした・・・
そんな中「macOS Sierraで使えなくなったKarabinerの代わりを、BetterTouchToolで何とかしてみた。」という記事を見つけましたので、早速使ってみることに

BetterTouchToolを使って
USキーボードの右⌘キーに日本語キーボードの英数キー
USキーボードの左⌘キーに日本語キーボードのかなキー
の機能を追加

さらにParallels Desktop用に
USキーボードの右⌘キーにコントロール+F11
USキーボードの左⌘キーにコントロール+F12
の機能を追加してみる。

おおうっ!いいんじゃない

というわけで、女房のMacも晴れてSierraにバーションアップしました。
まだ少ししか使ってませんが、なんとなくうまくいっているようなので、しばらくはこれで行きます。

以下に、備忘録として、設定の時の手順を動画にしたもの貼り付けときます。

返事を書く