昨年末(12月4日)よりCD DVD M-DISCの耐久テストをおこなってみました。

テスト用のメディアはOpti Drive Controle 1.70 で作成してます。

CD DVDは太陽誘電さんのものです。
余談ですが、太陽誘電さんがメディアを作らなくなって悲しいです、(どこのメディアを買えばいいのかな?)

テスト環境は西日の当たる屋外に、記録面が日光にあたるようにして、風雨にもされしておくという環境です。

6か月たったのでどうなったかチェックしてみます。(本当は忘れ去っていました)

まずは、CD

1枚目は記録面が完全にめくれあがってしまいました。

DSC00855

2枚目は記録面に雨シミが侵入していて、データを読み取ることが出来ない状態でした。

DSC00858-aDSC00859

次にDVD

こちらは、一見大丈夫なように見えるのですが、1枚目、2枚目ともにデータは全く読み取ることができない状態でした。

DSC00861-aDSC00862

DSC00863-aDSC00864

最後にM-DISC

M-DISCは1枚しか用意しなかったのですが、こちらは、全然大丈夫です。(記憶面にすこし、汚れが付着してましたが、ふき取ってやると、きちんとデータを読み取ることができました)

DSC00865-aDSC00866

M-Disc のOpti Dive Controleでのチェック結果です。

Opti_Drive_M-Disc20160603

さすがM-Disc、うたい文句に誤りはないようです。ただ1000年というの大げさかも、

M-Discについては引き続き耐久テストをおこなっていきます。ことしの夏場を乗り越えることができるのかが楽しみです。

仲間を失いただ一人耐久テストに立ち向かうM-Disc

DSC00875DSC00933

1コメント

返事を書く