例によって、Zend Studio 12の日本語化を行ってみます。

まずは、ベースになっているEclipseのバージョンを調べます。

メニューよりZend Studioについて(About Zend Studio)を開きます。

2015-02-28_16-52-12

eclipse.orgのアイコンをクリックし、バージョンの表示を行います。

2015-02-28_16-55-10

2015-02-28_16-56-03

 

 

 

 

 

 

Eclipse Platform Version: 4.4.0ということがわかりました。
ネットで調べるとEclipse 4.4 Lunaと呼ばれているらしいです。

eclipseのバージョンがわかったので、いよいよ言語ファイルのインストールです。

ヘルプ(Help)から新規ソフトウェアのインストール(Install New Software…)を選択します。

2015-02-28_16-58-37

インストールウィンドーが開きます。

2015-02-28_11-42-30

ここで、ブラウザからEclipse Babel Project Downloadsのページを開き
Eclipse 4.4 Luna用の言語ファイルのアップデートサイトのリンクアドレスをコピーします。

2015-02-28_11-45-11

コピーしたアップデートサイトのリンクを
作業対象(Wark with:)の部分に貼り付け
追加…(Add…)をクリックします。

2015-02-28_11-46-02

適当な名前をつけてOKをクリックします。ここではEclipse4 Luna Lnguage としました。

2015-02-28_11-47-38

アップデートサイトに接続しています。

2015-02-28_11-48-15

2015-02-28_11-48-46

Babel Language Packs in Japaneseを選択してNextをクリックします。

2015-02-28_11-53-18

2015-02-28_11-53-43

ライセンスに同意して、完了(Finish…)をクリック

2015-02-28_11-54-14

2015-02-28_11-54-31

インストールが始まります。

2015-02-28_11-54-53

途中、署名のないソフトをインストールしてもよいか聞いてくるので、YESをクリック

2015-02-28_11-55-45

インストールが終わったら、再起動して

2015-02-28_11-56-21

はい、出来上がり!

2015-02-28_17-12-03

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here